代表者メッセージ

ご挨拶

Purpose及びVisionを新たに策定

21世紀を代表する不動産会社を創る

平素よりステークホルダーの皆様には格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は創業以来、不動産によってご購入者様の生活を豊かにし、社会に貢献することを使命とし、東京23区、最寄駅徒歩10分圏内を中心とした新築マンションを供給してまいりました。

創業から第17期を迎え、当社グループは、業績拡大や事業の多角化等を図り、採用活動を積極化し、また、新たな会社も加わるなど、社員数が大幅に増加いたしました。10年以上一緒に働いている社員もいれば、1年目、2年目の若手社員も在籍しています。
そのため、当社が今後も持続的に成長するには、全社一丸となり、当社が自信をもって行っている事業の意義、すなわち存在意義や今後の目指すべきステージをあらためて明確化する必要があると考えました。

そこで、新たにPurposeとして「不動産を安心と信頼のできる財産としてグローバルに提供し、社会に貢献する」という存在意義を定め、創業当初から変わらず不動産をグローバルに提供し、社会に貢献していくことを明確化いたしました。また、社員には、「当社事業が社会貢献となっている」という自信をもってもらい、自らの生活も豊かになってもらいたいと考えております。
また、Visionとして2030年までに「21世紀を代表する不動産会社を創る」という中長期ビジョンを定めました。

この「21世紀を代表する不動産会社を創る」というビジョンは、大企業と言われる不動産会社に追いつき・追い越すという大きなビジョンとなります。
20年前も10年前も現在も、不動産会社の時価総額ランキングはこのような大企業がランキング上位を占めております。当社がこの長年変わらないランキングの上位に入ることで、21世紀を代表する不動産会社になるというビジョンをもって事業拡大していきたいと考えております。

このビジョンに向けて、既存事業及び新規事業の拡大により、年平均成長率30%~40%の増収増益により、2030年10月期の決算発表までに売上高6,000億円、営業利益600億円を達成いたします。
特に、REIT事業の推進等による販売チャネルを増やすことやM&Aによる事業シナジーを生み出すことが必要であると考えております。
また、当社グループがこれまで成長してこれたのは、社員のおかげであり、成長の源泉は人財です。このビジョンを達成するには、Purpose及びVisionに共感していただく多くの社員の存在が必要不可欠です。そのため、有望な社員が生き生きと自信をもって、長期的に働ける環境整備が必要であり、その環境を実現いたします。

さらに、事業拡大に大切な要素として、サステナビリティがございます。環境や社会課題に対応した経営を行うことで、取引先や社員についても当社を選んでいただくことができ、長期的な成長ができると確信しております。環境や社会課題の解決に対しても積極的に貢献することで、持続的に成長し、「21世紀を代表する会社を創る」を実現してまいります。

引き続きより一層のご指導、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

2021年12月吉日

代表取締役社長 長嶋義和