マンション経営とは

マンション一室のオーナーになり、その部屋を第三者に賃貸することにより家賃収入を得ていく「マンション経営」。マンションの購入資金としてローンを利用しても、家賃収入でほとんど返済できてしまうため、簡単に始めることができます。

マンション経営は現在、老後の私的年金、相続税対策、インフレに強い資産運用方法として、一般サラリーマンや公務員の間で注目を集めています。また、ローンを組むことで団体生命信用保険に加入するため、生命保険代わりにもなります。

※「団体信用生命保険」とは
住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に本人に変わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。

ローン残高を家賃収入でカバー、返済後は私的年金として活用できる資産運用

keiei_ill01

マンション経営のメリット

  1. 少ない資金からスタートできる
    一部自己資金なしでも可能
  2. 老後の備え!私的年金の確保につながる
    公的年金に頼らずに済む
  3. 相続税の軽減
    一般住宅に比べ3割安になります
  4. 生命保険代わりで万が一の時も安心
    残された家族に財産と安定収入
  5. インフレに強い
    目減りしない投資で安心

マンション経営のデメリット

  1. 高利周りは条件次第
    銀行よりは高利回り
  2. 金利の上昇と換金性のリスク
    困ったときのサポート体制のあるパートナー企業を選びましょう
  3. 入居者がいなければ安定収入は望めない
    安心の保証システムを利用しましょう
  4. 建物の老朽化や地震・火災発生のリスク
    最終的には土地が財産に